キッチンはリフォーム工事の中でも真っ先に手を加えたい場所

清掃性もバッチリ

快適な生活に直結

キッチンリフォームの効果の中でも大きい成果に、清掃性が向上するという点が挙げられます。
住宅の中でも確実に毎日汚れるキッチンを掃除することは、非常に重要な課題であり日課でもあります。
そこで、毎日のキッチンの掃除が簡単になるということには絶対に目をつけるべきポイントです。
キッチンリフォームを行うことで毎日使いやすいキッチンになる。そのことに目をつけるときには、調理性能や収納力ばかりではなく、清掃性が高まるという点にも注目する必要があります。

汚れが残らない構造

キッチンリフォームで導入できるシステムキッチンの特徴に、そもそも汚れが残らない構造が導入されるようになったという点に注目しておきたいです。
シンクという観点から考えれば、なるべく汚れが残るような場所が無くなってくれれば、拭きとり清掃を行えば十分綺麗にすることができます。毎日サッと拭くだけで汚れがなくなることには、後から大変な掃除をしなくて良くなるという魅力があります。
同じような考え方は、コンロにも取り入れられるようになっています。
コンロのバーナー部分周辺は、油はねや調理中にこぼれた調味料などで毎日確実に汚れます。使い込んだコンロ周辺には味があるといえる部分もありますが、冷静に見ればただ汚いだけです。
そういう見え方がなくなる、拭きとるだけで綺麗にできる汚れがたまらない、フラットなコンロが現在のキッチンリフォームでは簡単に取り入れられます。
加えて、調理中の油はレンジフードや換気扇にもべったり付着します。ここの構造も最近ではシンプルなだけでなく、油の侵入を防げる構造になっていることから、毎日の掃除が簡単です。
キッチンリフォームによって、汚れが残らない構造を取り入れられることで、毎日の調理後の片付けが簡単になることは、スッキリした住居空間を作るために欠かせません。

↑ PAGE TOP