キッチンはリフォーム工事の中でも真っ先に手を加えたい場所

レイアウトの自由度

自由自在な空間設計

キッチンリフォームを行ったときに得られる結果の特徴として、自由自在な空間設計が実現できる、レイアウトの自由度が挙げられます。
思い通りの間取りに変化させられるリフォームの秘訣は、システムキッチンにあります。
システムキッチンとは、一枚の天板に全てのキッチン器具、すなわちガスコンロやオーブン、シンクや収納などが全て格納されてひと続きになるように設計されているキッチンのことを指します。
この設計ができることで、自由自在にキッチンレイアウトを設計できるようになりました。
壁向きに設備を設置する「I型」はもちろん定番の形状で従前と違和感なく使えます。ですが、それ以外にも「L型」や「A型」、他にも「対面型」や「アイランド型」などの設計も可能です。
特に、対面型が今はキッチンリフォームにおける人気のレイアウトです。自由自在な空間設計が従前の縛りから調理空間を開放して、その成果ともいえるのが対面型キッチンです。

正面で向き合える魅力

キッチンリフォームで対面型キッチンに進化した空間は、家族と向き合いながら調理を進行できることに魅力があります。
まず、家族と向き合えるリビング方向に目線が向くことによって、子供の様子を伺いながら調理ができます。子供から目を離さざるをえない調理中の状況下で、この点は非常に有用です。
また、家族と協力プレイを楽しみやすいのも魅力です。カウンターを通してものの受け渡しを行ったり、カウンター越しに仕込みの指示出しをしたりできるため、家族の連帯感が高まります。
さらに、家族と対面できることで会話に入ることも簡単になり、触れ合う時間を増やすことにもつながります。
システムキッチンが生み出す恩恵は非常に大きく、正面で向き合える魅力はキッチンリフォームを行ったからこそ得られる成果です。
キッチンリフォームを行うなら、レイアウトの変更をじっくり検討したいところです、

↑ PAGE TOP